初心者にもゲーマーにもわかりやすい記事を書いていきます

[防衛ヒーロー物語]は面白い?実際にプレイしてみた感想をレビュー!


防衛ヒーロー物語は、2019年3月23日にAnimocaBrandsからリリースされたタワーディフェンスゲームです。

世界で300万人以上にダウンロードされている、知る人ぞ知る人気ゲームです。

この記事では防衛ヒーロー物語は面白いのかどうかを実際にプレイし、レビューをおこないます。

 

どんなゲーム?

 

 

 

 

防衛ヒーロー物語はタワーディフェンスゲームで、4種類のカードを組み合わせて、自国へ攻め入ってくる敵と戦います。

登場するカードは400枚以上で、用意されているステージは1000個以上とボリュームがあり、遊びごたえがあるゲームです。

また、登場するキャラクターはすべて2頭身で描かれており、敵キャラのゾンビやドラゴンなどもかわいくデフォルメされています。

他のタワーディフェンスのゲームについては下記をクリック

 

タワーディフェンス-アプリ情報局

操作方法

 

 

 

 

 

防衛ヒーロー物語でプレイヤーがやることは、ストーリーステージのクリアと各カードの強化&編成です。

 

敵を陣地に入れないずに守り切る

 

 

 

 

バトルはウェーヴ制。

リアルタイムに進行し、敵が進軍してきます。

プレイヤーは、「ヒーロー」「タワー」「魔法」の3つのカードを使いこなし、敵が陣地に入らないように防衛します。

ヒーローやタワーは敵が近づくと自動で攻撃をおこない、魔法はプレイヤーの好きなタイミングで使用します。

タワーカードは戦闘中に強化が可能で、攻撃力や攻撃範囲をアップさせることが可能です、

 

バトル前の準備で勝敗が決まる

 

 

 

 

 

バトル前には敵の編成や弱点などの情報が確認できます。

敵キャラクターはそれぞれ個性を持っており、移動速度が早かったり、HPは低いがまとまって登場したりとさまざま。

ヒーローによって苦手な敵がいるため、ステージに合わせたカードをデッキに編成が必要です。

 

面白いのか

 

 

 

 

防衛ヒーロー物語を実際にプレイしましたが、

オーソドックスなタワーディフェンスゲームで面白いと感じました。

「敵を自陣に入れない」というシンプルなルールで、1ステージの攻略にかかる時間も5分前後でスキマ時間にサクサク遊べます。

チュートリアルで基本操作は理解できるため、タワーディフェンスを遊んだことがない人へもおすすめできるゲームです。

 

おすすめポイント

ヒーローの育成が楽しい

 

 

 

 

ヒーローは装備カードを装着でき、能力や見た目をカスタマイズできます。

装備カードの種類は「ヘルメット」「アーマー」「武器」「盾」「アクセサリー」「靴」の6種類あり、他のカードのように強化が可能です。

レアな装備には体力の自動回復や敵前へのテレポートなど特殊能力が付いており、戦略の幅を広げ自分好みの戦闘スタイルを作りだせます。

 

敵を一掃できると面白い

 

 

 

 

ステージによっては敵が大勢出現したり、特殊攻撃が効かなかったり、とヒヤヒヤする場面もあります。

そんなピンチを自分の編成したデッキでうまく切り抜け、きれいに処理をできたときの爽快感はたまりません。

倒し切れないことを予測してワナを仕掛けておくなど、戦略がハマったときの達成感はタワーディフェンスゲームならではの魅力です。

 

残念なポイント

エネルギーの回復が遅い

 

 

 

 

 

1ステージに使うエネルギーの消費量は6。

エネルギーは9分で1回復し、1ステージをプレイするためには1時間待つ必要があります。

空き時間に少しプレイする分には、特に問題はありません。

しかし、がっつり遊びたいときには物足りなさを感じます。

ステージの攻略だけでなく、カードを強化するための素材集めでも多くのエネルギーを消費するので、回復量を多くしてもらいたいところです。

 

序盤の攻略方法

 

 

 

 

 

序盤はチュートリアルで学んだことを基本にプレイすればOKで、ノーマルステージであれば詰まらず順調に進められます。

ゲーム開始直後にガチャ2回分のジェムが獲得できるので、運がよければ序盤から高レアなカードも入手できます。

 

【ゲーム序盤の進め方】

 

  1. ストーリーのステージをプレイ
  2. デイリークエストをクリア
  3. 宝箱を開封しカードや素材を入手
  4. 素材がそろったらカードを強化

 

カードを強化するときは、攻撃能力が異なるものを育てるのがおすすめです。

「範囲攻撃に特化したカード」や「長距離を攻撃できるカード」などを育てておくと幅広いステージへ対応できます。

 

クランへ加入するとメリットがいっぱい

 

 

 

 

 

クランに加入するとメンバー同士で素材の寄付ができ、カードを強化しやすくなります。

また、クランにはミッションがあり、クリアすると専用の宝箱が入手できます。

クランに所属をしているとソロプレイよりも宝箱を多く獲得できるメリットがあるため、長期プレイなら加入がおすすめです。

 

課金は必要なのか

 

 

 

 

防衛ヒーロー物語は無課金でも十分楽しめます。

「レアカードがなければ勝てない」とか、「このカードがないと攻略できない」とかは一切ありません。カードを強化していれば攻略できます。

ただ、無課金だと1日に使えるエネルギーが限られているため、強くなるにはどうしても時間が掛かります。

 

まとめ

 

 

 

 

防衛ヒーロー物語はよくできたタワーディフェンスゲームだと感じました。

タワーの設置場所で勝敗が決まったり、魔法がうまく決まれば形勢逆転できたりと戦略性のあるバトルが楽しめます。

無課金だと進みは遅いですが、競争相手もいないのでとくに気にはなりません。

タワーディフェンスが好きな人には、プレイしてもらいたいゲームです。

防衛ヒーロー物語 - カード育成&進化型タワーディフェンス

防衛ヒーロー物語 – カード育成&進化型タワーディフェンス
開発元:Animoca Brands
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP